uyumiの日記

アニメ、マンガ関係ポケモン?知らない子ですね

鬼滅の刃を読もう!!

どうも鬼滅の刃がどの漫画よりも好きなうゆみです。今回は、読んだりアニメ化するにあたって感じた感想を書いていきたいと思います。また、ネタバレにならないよう気おつけながら面白さについて語っていきたいなと思います。

f:id:uyumi:20190605080346j:plain
鬼滅の刃(きめつのやいば)累計250万部突破!!
作者 吾峠呼世晴

アニメ制作 ufotable
キャスト
主人公炭治郎 cv花江夏樹
ヒロイン禰豆子 cv鬼頭明里


鬼滅の刃の良い点
素直にジャンプしてる作品
面白い
主人公に嫌な気持ちを持たない
面白い
一人一人キャラがしっかりしている
面白い
作画がしっかり成長している
面白い
遊郭編以外でグダグダしてる所がない
面白い
柱がかっこよくて惚れる
面白い

悪い点
他のアニメ化したジャンプ作品比べてアニメ化前から売れてない
作画が多少人を選ぶ


今回は、読んだりアニメ化するにあたって感じた感想を書いていきたいと思います。

良い点は、他にも沢山あります。それに、連載するのは確か、初めての作者だったと思うのですが、頑張って面白くしようとする熱意がとても伝わってきます。

話自体は、家族をほぼみんな殺されて唯一生き残った妹も鬼にされた主人公が、鬼の元凶である鬼舞辻無惨(ラスボス)を倒すというストーリーになってます。それに目的が明確で、ハンターハンター進撃の巨人みたいな細すぎる伏線などがあるわけじゃないので、純粋にバトルが好きだ!!という方は、とっても見やすいと思います。主人公もザ・ジャンプ主人公と言った感じで、ストーリーが進むのと同時に成長していくので、見ていて気持ちがいいです。作画に少し不安はあるものの、見ているうちに気にならなくなってくると思います。(僕は、むしろ好きです)また、独特の言い回しやたまに入ってくるギャグなんかも鬼滅の刃の魅力だと思います。

遊郭編がグダグダという話についても、僕は単行本で追っていたので、あまり気になりませんでした。しかし、同じことの繰り返しで、つまらないという声も少なからずあるみたいです。その意見も最もだと思いますし、否定するつもりもないですが、そこで読むのをやめないで欲しいと思っています。そのあとの12巻から新キャラが出てきてまた面白くなってくるからです。

これからアニメ化するにあたって僕は、アニメからでもいいから鬼滅の刃に触れて欲しいと思っています。制作はufotableで、鬼滅の刃の作画が苦手という人もufotableの作画でなら鬼滅の刃見れる人も多いと思うからです。ufotableの作品をあまり見ているわけではないのであまり深いことは言えませんが、アニメ化決定の時に出たポスターを見た時にこれはいい作品になると思いました。また、数々の名作を生み出してきたufotableなら鬼滅の刃を漫画の面白さそのままに作ってくれると思っているので、4月から始まるアニメからでもいいから見て欲しいと思います。そこから興味を持ってもらって鬼滅の刃のファンが増えればいいなと思ってます。

嬉しかったアニメ化ですが、1つ問題にすると主人公の声優が、花江夏樹さんだと言うことですかねw花江夏樹さんのことが嫌いとか言うわけじゃないんですけど、グールの金木くんやTARITARIのウィーンのイメージが強すぎて合わないと思いましたね。
でも、思っただけで応援はしてます。


書きたいことをあまりまとめずに記事にしてしまったので汚い記事だったとは思いますが、鬼滅の刃好きの中の1人の感想として読んでいただけたら嬉しいです。最後まで見てくださりありがとうございました。